【連携編】フリーランス美容師のための確定申告手順②【クラウド会計】

こんにちは、ハセリョウです。

フリーランスにとって、まあまあ忙しい、確定申告。

僕はフリーランスになって5年目になりますが、いまだに面倒だなあと思うことがあったり、

勉強になった!ということが度々あります。

近年では、フリーランスとして働く方が増えてきていますね。

今回の記事では、フリーランスになったばかりの方向けに書いています。

今回は「クラウド確定申告ソフトの銀行口座、クレカの連携編」とさせていただきます。

基本的な確定申告の手順なので、

手順に沿って行うことでスムーズな確定申告が行えるかと思います。

では早速。

前回までの記事は、マネーフォワードクラウド確定申告を使用した確定申告の導入方法でした。
こちらも併せてご覧ください。

関連記事

ハセリョウこんにちは、フリーランス美容師をしているハセリョウです。フリーランスにとって、まあまあ忙しい、確定申告。僕はフリーランスになって5年目になりますが、いまだに面倒だなあと思うことがあったり、勉[…]

確定申告の手順。自分でやったほうが勉強になる!

ここではざっくり確定申告の手順を書いています。

確定申告の手順は以下の通りです。

  1. クラウド確定申告ソフトを導入する(PCかスマホがあればOK)
  2. 銀行口座や、クレジットカードを連携する⇦今回はここ!!
  3. 売上又は報酬を記帳する
  4. 経費を記帳する
  5. 領収証をまとめる(スマホ代や電子マネーの領収証も忘れずに)
  6. 国年、国保、その他任意保険や、ふるさと納税など控除書類をまとめる、ソフトに記入する。
  7. マイナンバーカード、又はマイナンバー通知書を用意する
  8. 確定申告ソフトの手順に従って進める
  9. 確定申告書と青色申告決算書を印刷する
  10. 税務署に行って係員にみてもらい、提出する

ざっくりとした手順です。

これに必要な「準備するもの」はこちら。

5



マネーフォワードが提供する。安全、安心の定番のクラウド会計ソフト。

上記はクラウド会計ソフトでして、本記事の確定申告の手順で中心の役割を果たします。

・クレジットカード

・銀行などのキャッシュカード

・国民健康保険控除証明書

・国民年金保険控除証明書

・マイナンバーカード又はマイナンバー通知書

・その他、任意保険等に加入している場合や、ふるさと納税をした場合はその証明書をもらってください。

・個人事業主として開業した際に使用した印鑑

それでは手順2を説明します。

5



マネーフォワードが提供する。安全、安心の定番のクラウド会計ソフト。

銀行口座や、クレジットカードの連携をする。

続いては銀行口座やクレジットカードの連携です。

これを行うと、銀行の引き落としや、クレジットカードの利用情報が同期されるので、記帳する際にスムーズに行えます。

やらない人いるのかな…

この先は、自分が利用している金融機関を検索して登録してください。
マネーフォワードクラウド確定申告にアクセス

銀行によっては、ネットバンキングサービスに登録する必要もあったりするので、各金融機関の手順に従って進めてください。

クレカも同様に利用しているクレジットカードを選択して、情報を入力してください。

連携が終わると、このような画面になります。

各金融機関の残高や、引き落としの詳細が表示されます。

この連携機能は、あとで使うので、済ませておきましょう!

5



マネーフォワードが提供する。安全、安心の定番のクラウド会計ソフト。

次の記事

関連記事

こんにちは、ハセリョウです。フリーランスにとって、まあまあ忙しい、確定申告。僕はフリーランスになって5年目になりますが、いまだに面倒だなあと思うことがあったり、勉強になった!ということが度々あります。近年では[…]

サロンの予約はLINEから!

友達追加をしていただくことで
ネット予約、相談、クーポン情報、商品情報の受け取りができます。

こちらの予約専用アカウントのフォローボタンで友達追加できます。
友達追加後、ご予約ください!

 

スポンサードリンク