ベージュ系のカラーをするなら、オレンジをうまく使おう。

こんにちは。

最近はベージュ系のカラーがお客様ウケいいので、

「きれいにベージュ系カラーを染めるコツ」を書いておきます。自分自身の覚書としても。

結論から言うと、ベージュ系カラーの配合を作るとき、ベージュになるであろう配合に僕だったらオレンジ味を少し加えます。

この記事を見るとこんなことがわかります。

  1. ベージュ系カラーをするときにオレンジ味を使う理由
  2. オレンジを使うときの配合比率

結果としてミルクティカラーとか、チョコレートカラーと呼ばれるカラーリングをマスターできるかなと思います。

また、自分自身の技術への理解に深みを持たせるために書いています。

ミルクティ、チョコレートカラーをきれいに染めるコツ

 

前提として、「透明感がある柔らか印象なクリーミーベージュを作るとき」として書いていきます。

まずはブリーチはしっかりなるべく均一にしておきましょう。

ムラがあると、リフトしきっていない部分の色が微妙です。

もちろんブリーチの回数は人により異なります。僕だったら必ずケアブリーチです。艶感結構変わります。

スポンサードリンク

「カラー剤の配合」主に使用しているカラー剤はウエラ イルミナカラーです

サファリ:オーシャン:オーキッド(3:1:1)
↑これを基本の型とし、ベージュを作ります。

僕がここに入れるのはフィヨーレ O7またはO10

これによってきれいにまろやかなベージュができます。

オレンジ味を入れる理由

イルミナカラーに限らずですが、

ベージュ系のカラーを作る時にブラウンとアッシュとラベンダーを使うんですけど、

青みや緑によってしまいがちなパターンってありませんか?

かと言って、アッシュやラベンダーの配合を薄くすると、アンダーの黄色味やオレンジ味を抑えきれないパターンがあったり。

結局アッシュもラベンダーも大事なんですけど、あまりそれらを主張させないためにオレンジを入れてます。

ミルクティー系の場合はオレンジ味

アッシュの主張を少し抑えてやるとまろやかクリーミーな色になって良いなと思いました。

色落ちに関しても余計なオレンジが残ったりもしないのでクリーミーなまま明度が上がっていく感じです。

スポンサードリンク

オレンジを使用するときの配合比率

配合比率は上記の配合に+5%-15%を配合します。

これは、お客様のブリーチの抜け具合で決めてます。

抜けが良かった時ほど配合料を多くしてます。

ベースが明るいほどアッシュの主張が多くなってくるからですね。

今日の覚書は以上です。

 

 

サロンの予約はLINEから!

友達追加をしていただくことで
ネット予約、相談、クーポン情報、商品情報の受け取りが可能です。

こちらの予約専用アカウントのフォローボタンで友達追加できます。
友達追加後、ご予約ください!

 

スポンサードリンク
>新潟市万代で活動するフリーランス美容師

新潟市万代で活動するフリーランス美容師

2017年からフリーランスとして活動開始。2021年現在、独立開業準備のため、サロンを間借りして美容師をしています。サロンワークの他、撮影などにも力を入れて日々技術を磨いております。また、趣味では動画撮影と編集や、当ブログの運営を行なっています。サロンワークや発信を通して少しでも多くのお客様に喜んでいただきたいと思っています!お気軽にご来店ください!
950-0909新潟市中央区八千代2−5−7 万代シティビルボードプレイス2 2F CLOEbyLUVISM内 

CTR IMG